家計簿の費目一覧:食費

家計簿の費目一覧:食費

一般社団法人家計管理推進協会 家計簿インストラクターのおおきです。

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

家計簿に欠かせないもの。

それは、費目です。

家計簿を書くために大事な費目分類ですから、お悩みもたくさん見受けられます。

今回は食費を取り上げて、どのように分類記帳していくと家計簿記帳がやりやすいか考えていきましょう。

 

 

家計簿費目の一つである食費だけ見ても様々な分類

家計簿で使用する費目のお悩みが多いのは、家計指南する人によって費目分類が異なるからです。

私の手許にある各種市販の家計簿を比べてみても、かなりいろいろな分け方があるなぁというのが正直な感想です。

切りがないので4種類だけ書き出してみました。

 

費目例・食費その1

食費その1はかなり細かく分類しています。

レシートから購入した食品をそれぞれの分類にひとつづつ振り分けていく作業が必要になりますね。

この家計簿は手厳しい?費目分けをされていて、冷凍シュウマイや餃子は加工品に分類されます。

わが家は餃子は作りますが、シュウマイは最近作らないなぁなどと見ていると、もしや加工食品の金額が最多になるかも?

加工食品トップ疑惑不安が出たところで、安心材料も出てきました。

魚や貝の缶詰は魚・貝に含めていいようです。

ハム、ソーセージ、焼き豚は肉類に含めてOKでした。

費目例・食費その2

食費その2は食費その1をまとめた感じでしょうか。

主食費にお米やパンなどが分類され、副食費におかず代が入ります。

この家計費目分類で注意する点は、おやつは嗜好食品費ではなく副食費に入ります。

おやつも立派な食事の一部だから、手作りしましょうねと、栄養士さんに聞いた記憶がよみがえりました。

となると、嗜好食品費にはどのような支出が入るのでしょうか。

嗜好食品費は、お酒、コーヒー、紅茶などが例示されています。

もっぱら飲み物でしょうかね。

費目例・食費その3

食費その3は、食費その2の分類から、外食費と嗜好食品費が無くなっているバージョンです。

外食や学校給食費が主食費に振り分けられています。

お茶やコーヒー、お酒は調味料費です。

費目例・食費その4

食費その4は、調味料費がありませんね。

この家計簿では副食等に分類されています。

お茶やコーヒー、お酒、お菓子などはし好品です。

外食等に含まれて分類されているのが、学校給食、ご主人のお昼ご飯代です。

給食費の費目小分け例

たった4つの家計簿を比較しただけでも、食費の費目小分けが多種ですよね。

例えば、給食費は食費その1では独立項目になっています。

食費その2では例示に含まれておらず、どこに参入するのか不明です。

食費その3では主食費、食費その4では外食費等です。

給食費の取り扱いを整理すると以下のようになります。

 

給食費

どこに含めるか不明

主食費

外食費等

 

お酒、コーヒーなどの食費小分け例

お酒、コーヒーなどの費目の小分け違いも見ておきましょう。

食費その1では酒・飲料、食費その2では嗜好食品費、食費その3では調味料費、食費その4ではし好品です。

これも整理してみましょう。

 

酒・飲料

嗜好食品費

調味料費

し好品

 

家計簿を変えるたびに費目分類を変えなければならない?

4種類の家計簿で食費の費目小分けを見てきました。

家計簿によって同じ品物でも分け方がそれぞれ異なっています。

これは結構悩ましい問題です。

一度使用した家計簿をずっと使い続けるのであれば、その家計簿の指南通りに慣れていくしかないでしょう。

しかし、毎年家計簿を変える人は多いですよね。

変えるたびに、以前の家計簿で覚えた費目分けが役に立たず新しい分け方になじむまで混乱をきたします。

様々な分け方がある中で、食費をどのように分類すれば家計簿へ書いた情報がわが家の家計管理の役に立つのでしょうか。

家計簿で食費の何を管理したいのか?

食費の小分け分類を考えるポイントは、たったひとつです。

家計簿に書くことでわが家は何を管理したいのか?です。

一口に食費を管理したいといっても、その真の意味するところは様々です。

例えば、こんな感じです。

 

お酒を控えたい

調味料のムダ買いをなくしたい

ダイエットしているのでお菓子を減らしたい

海藻類を積極的に食したい

食費を予算内で納めたい

 

管理したい食費内容を独立費目として設置する

人によって食費でも管理したい内容は異なりますね。

ということは、管理したい食費の内容を小分類して独立費目にしてしまえば使いやすくなるでしょう。

独立費目の作り方は、私がつけている家計簿の費目をご紹介しますね。

参考にしてみてください。

 

食     費

お     酒

 

これだけです。

お酒は個別管理しないと金額がかさむので別枠にしています。

お米を別枠にしているのは、食費全体を週単位、一日単位での予算目安を利用しているのでお米購入で予算がばらつくのを防いでいます。

残りは全部食費で一括管理しています。

わが家が特に管理したい食費の支出内容を独立費目としておけば、管理がしやすくなります。

おすすめの食費の小分類

特に食費の小分類はおすすめしていません。

私自身が食費、酒、米の3つだけの使用ですから。

あえて分けるのであれば、食費と外食費を別途にするくらいでしょうか。

外食が少ない人であれば分ける必要性も少ないですね。

家計簿に慣れてくると、この部分がどーも家計(食費)を狂わせているっぽいと睨みがきいてきます。

その怪しい項目を独立費目として設置すれば十分でしょう。

食費の管理を目的とするのであれば、費目分けにムダな労力を割く必要性は極めて少ないと思います。

使いやすい「わが家の費目」で管理してもらえれば十分です。

 

食費以外の項目はこちらのページをご参照ください。

家計簿の費目一覧:日用品費など食費以外の項目

 

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

Follow me!