家計簿つけるのが怖い 

家計簿つけるのが怖いのは、家計赤字が数字で見えてしまうから

一般社団家計管理推進協会 家計簿インストラクターおおきです。

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

 

 

何となく赤字はそのままにしておきたい

そう、

家計簿を付けなければいけない。

わかってはいるけど、できない。

なぜなら、家計簿をつけて家計が見えてしまったら……

赤字家計なのをうっするらと気づいているけど。

これって、体重計と同じ。

高血圧とも同じかも。

測らなければ、数値として、はっきりと突きつけられなければ、

なんとなく、なんとなく、

問題を先送りにできる。

運動しなければいけないな。

塩分減らさないと、アルコールも減らさないと。

生活習慣を変えるのって大変そう。

できるかな。

取り組まなくても、まだ、大丈夫だよね。

そうやって、今まで先送りにしてきたけど大きな問題にはなってないし。

今さら、嫌なことして問題に直面しなくてもいいよね?

家計簿は真実が見えるから怖い!

家計簿シーズンになると、そんな家計簿つけたほうがいいの?でもねという葛藤も大きくなる。

人生100年時代。

貯金が無ければ大変なことになりそう。

ぼんやりわかっているけど、それもね。

でもさ、今さら大変なことはしたくないし、辛いのもいや。

頑張って、レシート集めて、家計簿に書いて、自分の家計管理能力の低さを突きつけられる。

ダメ主婦の烙印を押される。

うやむやにしておいた方がいいかもね。

このパンドラの箱。

家計簿は怖いけど、家計の苦しさを変えたい

ダラダラと、心の揺れるさまを書きましたが、こんなお悩みをお持ちの人が相当数います。

THE・家計簿つけるの怖い病。

その理由は、一つです。

ザル家計でぼやけていた赤字が明確になってしまうからです。

何となく赤字かも?と思うからこそ、そっとしておきたい。

しかし、家計は苦しくなってきた。

何とかしないといけないから、家計簿をつけようと思いつつ……

と、しばし考えられて、ほとんどのケースで、最終的には「頑張って家計簿つけます」という結論になったりします。

家計赤字を数字で見てしまっても、ダメ主婦の烙印ではない

この家計簿つけるのが怖いという葛藤の根底にあるのが、女性は家計管理ができて当然であるという固定観念です。

結婚して家計を預かる女性は、誰しもが当然に家計を管理できる。

どこからやってきた考え方なのかはわかりませんが、これが女性を苦しめています。

いままで、まともに家計管理を練習してきていない人が、結婚したからと言っていきなり上手になるはずはありません。

しかし、家計管理を習うという慣習もないため、みなさん自己流で試行錯誤。

料理や裁縫は学校や家庭で習うのに、お金の管理は教わらずにいきなり実践です。

出来なくても、仕方がないのです。

とはいえ、いつまでも出来ないままでいいかというと、そんなことはありません。

実害を生じますから、早期に家計管理法を身に付ける必要はあります。

家計簿つけない家計が怖いのは、お金の悩みから解放されないリスク

実害とは何かといえば、お金との付き合い方を知らないと、お金に振り回されて不満足な生活になることです。

収入以上の支出生活による借金(ローンも含む)で貯蓄ができず、苦しい生活を続けることです。

そのような状態を抜け出して、家計を楽にするためには現状を把握する必要があります。

現状把握とは、家計簿をつけて家計の状況を数字で把握することです。

何となく赤字かも?という曖昧な家計像を、○○円赤字というようにはっきりとみることです。

お金の悩みから解放されるには、お金をコントロールするしかありません。

お金に振り回されている状態から脱出するために、家計簿をつけてみましょう。

怖いなと思っているその赤字額をしっかりと見つめてみましょう。

家計収支を把握していないのであれば、家計簿をつけてみませんか。

赤字家計が見えてしまっても、それで落ち込むのではなく、そこからどう改善しようか考えていきましょう。

まずは、一歩、踏み出してみましょう。

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

Follow me!