家計簿に消費税も記入するべき?家計簿初心者が家計簿を書くコツ

家計簿に消費税を記入する必要はありません

一般社団法人家計管理推進協会 家計簿インストラクターのおおきです。

家計簿に消費税は書くか否かという質問がたびたびあります。

一言でお答えすれば、家計簿に消費税を記入する必要はありません。

そもそも消費税とはどういったタイプの税金で、家計とどのような関係なのかを考えればおのずと答えは導き出されます。

今回は、消費税を家計簿に記入する必要がない理由についてみていきましょう。

消費税は預かっている

会社であれば、消費税の処理は税抜処理もしくは税込処理をしていきます。

(※インボイス導入前に書いたページです)

簡単に消費税の考え方をお伝えすると、会社が受け取った分の消費税は、いったん預かっただけのもので、会社が支払った分の消費税との差額を国に返します(納付)。

具体的な例を挙げてみてみましょう。

商品を売り上げて500円の消費税を受け取ったとしましょう。

商品を仕入れたり、諸々経費で消費税400円支払っていた場合、500円との差額100円を国に納付します。

消費税を家計簿に書く必要性はない

では、一般家庭の家計の場合は消費税はどうすればいいのでしょうか?

一般の家計の場合は、消費税を納付するのは、商品の購入時です。

そのあとのことは、先のとおり、会社が行います。

と、いうことは、一般の人が消費税を別建てして家計簿に記入をして把握するメリットというものは余りないかも知れません。

レシートが税抜きで表示されている場合には、分けて家計簿に書くべきなのか悩まれる人もいますが、消費税をわざわざ分ける必要はないでしょう。

家計簿から消費税をざっくりと把握する

どの程度の消費税を支払っているのかどうしても知りたいのであれば、個別記入をその都度行わなくても、支出金額の合計から一括して割り出せば十分でしょう。

もちろん消費税の性質上、消費税を課すことがそぐわないとされているものもあり一括で割り出すと正確さはかける可能性がありますが、家計レベルにおいては十分でしょう。

ただ、一般の家計で消費税額を把握して何の役に立つのかはよくわかりません。

消費税増税時にわが家の家計負担がいくら増加するのか把握できるというメリットはあるかもしれませんが、特に必要ないでしょう。

消費税込みの金額で家計を管理する

家計を管理するにあたって、支出額は当然ですが消費税込みの金額となります。

税込み金額で収入の範囲内に収めるわけです。

消費税分だけ赤字になりました!

こんな事態になったとしても、その消費税分を家計で消化しないとならないわけです。

ということは、消費税込みで支出を把握する必要がありますよね。

消費税だけ取り出す必要性は見つかりません。

消費税込みで家計簿に記入する

家計簿に書く金額は消費税込みか否かの結論です。

すでにお伝えしたように、消費税込みで家計簿に記入して問題ありません。

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

Follow me!