クレジットカード使用時の家計簿の書き方

家計管理とクレジットカード

一般社団法人 家計管理推進協会の家計簿インストラクターおおきです。

キャッシュレス化社会になると言われつつ、普及しそうで普及しきれないキャッシュレス。

とはいえ、日常的に現金以外の支払い手段を使用する人を目にする機会も多くなりました。

市販の家計簿にもクレジットカード使用欄のあるタイプが増えてきていますね。

そこで、今回はクレジットカードを使用したときの家計簿の書き方についてみていきましょう。

 

 

 

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

クレジットカードの利用で家計の管理不能

家計相談に来られるクレジットカードを多用する方には、明らかに同じ傾向がみられます。

それは、お金の管理が不能になっているということです。

毎月クレジットカードの支払いが家計を圧迫していて、不自由な家計状態が出来上がってしまっているのです。

どういうことかというと、収入を得た時点ですでに使用しているクレジットカード払いの支払いが決定していますから、使える金額はその分少なくなります。

仮に収入が30万円でクレジットカードの支払いが5万円であれば、25万円でやりくる必要があります。

しかもこの金額は毎月一定ではありませんから、家計のコントロールは大変難しくなります。

クレジットカード使用したつけを繰り延べない

クレジットカードを利用することによる家計への問題点として、今見てきたように支払いの繰り延べが挙げられます。

支払いの繰り延べは家計にとって借金ですね。

借金のデメリットは、未確定収入に対して確定支出であるところです。

病気など何かしらの理由によって収入が減少、もしくは無くなってしまうこともあり得ます。

将来の収入は実は未確定なのです。

この未確定のお金に対して、確実に出ていくお金を当ててしまうことは高いリスクとなります。

このようなリスクを抱えた家計運営は避けたいところです。

そこで、お金を使うタイミングと支払うタイミングを同じにすることをおすすめします。

クレジットカードを使ったら家計簿に書く

クレジットカードを使用して商品購入をしたら、その時点で現金を取り分けてしまいます。

現金で購入したのと同じ状態を作るということです。

家計簿へ記入する方法も同じく、現金で購入したとして書きます。

現金支出をしたとして家計簿に書くわけですから、その金額分の現金は取り分けておく必要があります。

封筒等に取り分けておくといいでしょう。

ただ、私たちは手許に現金があれば使ってしまう傾向があります。

なるべく早めにクレジットカード引き落とし口座へ入金しておくと安心ですね。

その結果、クレジットカードを使用して商品購入をしても家計が負う借金リスクは回避できます。

支払時期は繰り延べますが、最も大事な支払い財源の繰り延べは避けることができるからです。

クレジットカード使用時の具体的な家計簿の書き方く

クレジットカードを使用したときの家計簿の書き方を現金で購入したとして記入するとお伝えしました。

なぜそのようにするのでしょうか。

市販の家計簿にはいろいろな書き方のタイプが見受けられます。

例えば以下のような具合です。

・クレジットカードを使用したら、その支出にマークをつける

・クレジットカード使用欄に備忘記録する

・今月引き落としのクレジットカード使用額欄に記入する

複数枚のクレジットカードを使用しているような場合では、引き落とし日やその金額をクレジットカードごとに把握しておく必要があります。

このようなケースでは、家計簿への書き方が煩雑になりかねません。

クレジットカード使用にあたって大事なことは、現金で購入したとして財源を確保することです。

財源を確保するという目的であれば、やはり現金で購入したとして家計簿へ書く方がマッチするでしょう。

クレジットカード引き落とし口座を別にして管理する

クレジットカードを使用した分の現金を口座へ入金する場合に気を付けておきたいことがあります。

家計管理が苦手な人の場合は、口座に余分な現金があれば引き出して使ってしまうことが考えられます。

現金の入った封筒が手許にあるのもリスクであれば、余分なお金が口座にあることもリスクとなります。

給料が入金されて、電気代など各種口座引き落としがされる口座を「生活費口座」と呼んでいます。

この生活費口座をクレジットカードの引き落としに使用している人が多いことでしょう。

同じ口座を使用している場合は、クレジットカードの引き落とし口座を独立口座としてしまうことをおすすめします。

独立口座としてしまえば、複数枚のカード使用による引き落とし日の違いなども問題ではなくなります。

クレジットカードを使用した分の現金を入金しておくのですから、時期が来たらその金額は口座から支払われることになります。

クレジットカード使用時の家計簿の書き方のまとめ

クレジットカード使用による問題点は、使用した時期と財源を将来の収入に求めることです。

クレジットカード使用したときに現金で購入したとして家計簿に記入することにより、クレジットカード使用によるデメリットが低減されます。

口座を独立口座とすることによって、支払い財源として確保したお金の生活費への流用を防ぐことができます。

私たちは誘惑に弱い性質がありますから、仕組化しておくことで上手にコントロールしていきたいですね。

 

◆すぐ役立つ家計管理方法を学ぶ・・貯金できる家計へ

家計簿を学ぶ講座(2級)

 

Follow me!