家計簿は鉛筆で書くべし

家計簿を書く筆記用具の選び方

一般社団法人家計管理推進協会 家計簿インストラクターのおおきです。

家計簿へ記入するにあたって、筆記用具は何を使用していますか?

特に意識していない人がほとんどではないでしょうか。

使い慣れている筆記用具を無意識に使用しているのかと思います。

今回は家計簿を続けることとして些細な部分ですが、適切な筆記用具を考えていきましょう。

 

家計簿を書く筆記用具の選び方

家計簿の記入に使う筆記用具って意識したことありますか?

ほとんど意識していない部分ですよね。

ボールペンに慣れている人や、シャーペンを使う人など様々でしょう。

そこで、家計簿初心者さんは可能な限り、消せる筆記用具で記入することをおすすめします。

シャーペン、鉛筆、消せるボールペンなどですね。

家計簿を書く筆記用具は消せるタイプを選ぶ

なぜ消せる筆記用具を使用するのかというと、家計簿をに慣れていない人はとにかく一生懸命なので適当ができないからです。

家計簿を書いていると、書き間違えや日付とばしなど、書き直したいケースが出てきます。

そんな時、書き直せないと、ものすごいストレスが生じてしまいます。

人によっては、もうその家計簿をどうしていいのかわからなくて中断してしまうこともあるのです。

家計簿の壁にぶつかる人は真面目な人が多いのです。

そこで、そんなところでつまずかないように家計簿は消せる筆記用具で記入しましょう。

家計簿の紙質に合わせて筆記用具を選ぶ

消せる筆記用具といっても、どれを使用しても万事OKというわけではありません。

家計簿の紙質によって、どの消せる筆記用具を使用するか選ぶ必要があります。

例えば、ツルツルの紙であれば、消しゴムで消してもシャーペンだと筆跡が残ってしまいます。

かなりストレスを感じますよね。

薄いわら半紙のような紙質の場合は、消しゴムを使うと毛羽立ってしまいます。

毛羽だった上から記入すると、書いた文字が見にくくなります。

この辺は、長年の学校生活でどのような紙にはどのような筆記用具が適しているのか経験値でマスターしていることでしょう。

 

 

Follow me!