残念な家計簿の使いかたの一つ

せっかく家計簿をつけていても、それを活用できないという悩みをもっていませんか。
これは、そもそも家計簿の使い方が定まっていないために生じる問題なんです。
どういうことか見ていきましょう。

市販の手書きの家計簿を例にしますね。
収入や固定費、水道光熱費などの変動費は、だいたい各月の最初のページにまとめて記入します。
その残りが、手許でコントロールするやりくり費。
この金額を、支出のたびに記入していく。
それが、次ページ以降、毎日記入するようスペースが設けられていますね。

ここの記入が面倒だったり、迷ったりで、家計簿をつけるのが嫌になっちゃうんですよね。
次週繰越金額や、頻繁に残額を書くタイプのものであれば、月の途中から気分が下がって放り出す可能性が高まります。
赤字が見えてくるケースですね。

さて、今回ご紹介する残念な家計簿の使い方は、「まとめ書き」です。

今見てきたように、毎日つけるのが面倒くさい。
そういう人は、1カ月分のレシートを適当に合計して家計簿に記入したりします。
財布からごそっと出して、その合計を書いているんですね。

こういうまとめ書きは、支出額の確認には問題ないのですが、家計をコントロールするには残念な使い方といえるでしょう
日々支出したお金に関して特に制限や意識をせずに、ただレシートを取っておいて、それを集計してみても支出傾向は変わりませんよね。
なぜなら、家計の青写真がないからです。

支出した金額をただ集計して記入する。
収入と比較して、黒字か赤字か計算期間の末に把握する。
ここに、計画が入っていないから、ただの購買活動としての行動記録でしかないんです。
家計をコントロールするには、事後行為では難しいんです。

簡単に言えば、
今月これだけ使った。
赤字だね。ちょっと気をつけないとね。
というのが、この方法。

まとめ書きを行うのであれば、
家計の設計を行っておくのが大前提です。
やりくり費としての予算配分を行う。
その中で、支出を収めていくように使い方を考えなければ、お金が足りなくなる可能性は大きいものです。

ちなみに、予算というのは机上の予算ではなく、実際の家計のやりくり費としての適正な配分です。
収入から固定費引いて、光熱費などの変動費引いて、残ったお金がやりくり費。
こんな風にやりくり費を決めている人が多いのではないでしょうか。
これでは、実際の配分として適正かどうかわかりませんよね。
必要な支払いをして残ったお金で暮らそう。というものですから。

実際に、わが家はいくらやりくり費としてお金を確保すれば妥当なのか。
きちんと検証してください。
そのうえで、その金額内で支出が収まっているのかどうかを家計簿に記入しながら意識していくんです。
このスタンスで記入するのであれば、まとめ書きでも構いません。
とはいえ、1カ月まとめちゃうと、コントロールできているのか検証が難しいですか、1週間単位では記入したいものです。

このように、家計簿は目的に合わせて使用すれば、とても優れたアイテムです。
上手に使用して、家計のコントロールを楽にしていきたいものですね。