収入が増えなくてもお金が貯まる家計簿

収入を増やすのって、大変ですよね。
ここ最近は副業OKの会社が増えて来たとか。
とはいえ、なかなか収入増というわけにはいきません。

昇進なり、副業が成功したとかで、収入が増えたとしましょう。
収入が増える=貯金が増える
この算式は、家計管理の苦手な人にとっては、成り立ちません。

収入が増えた分だけ、支出も見事に増えます。

臨時収入があったときって、なんともまあ、
いいタイミングで何か壊れて買い直しに充当する羽目に。

年末調整でいつもより手取りが多くなっても、
クリスマスやお正月できれいさっぱり、無くなっちゃう。

こんな経験ないでしょうか?

収入が増えると、必ずと言っていいほど、それに見合う支出が発生するんですよね。
結局、臨時収入の恩恵は堪能できず。

こういう経験が多い人ほど、収入が増えても、お金は貯まりません。

なぜなら、家計の予算運営が上手く行われていないために、
臨時収入が臨時支出に当てられちゃうわけです。

こういう事態を回避するには、
家計運営を健全なものにしておく必要があります。

将来のための貯金(先取り貯金)や、特別支出などをも含めて、
家計を黒字化しておくのです。

この状態であれば、必要な支出はそこから賄えますから、
臨時収入は完全にフリーなお金となるわけです。

では、収入が増えなくてもお金が貯まる家計をどのように組み立てていけばいいのでしょうか。

お金が貯まるということは、単純に考えて
収入 > 支出
であるということです。

この検証をまずは行いましょう。
年間でいくらの収入があって、どのくらい支出しているのか?

とても大事なことなのですが、多くの人は収支を把握していません。

冠婚葬祭やレジャー、家電の買い替え、帰省、税金類などの毎月コンスタントに発生しない支出は、
どこかに紛れ込んでしまっていますから、月の収支だけでは本当の家計の姿がわかりません。

児童手当が家計に流れ込んでいるケースでは、このような支出に当てられている可能性が考えられます。

収入と支出をきちんと把握してみましょう。

そのうえで、次に行うのが、支出の振り分けです。
どこからその財源をねん出するのかを考えます。

ここもないがしろにされている部分で、行き当たりばったりで行っている家計が多いようです。
月の収入から出す支出項目なのか、賞与を財源とする支出項目なのか。
きちんと線引きしないと、家計管理に雪崩が起きてしまいます。

家計に余裕を持たせて、貯金していこうと思うのであれば、
家計の全体像をしっかりと把握することが最初の一歩となるでしょう。

コタツに入りながら、取り組んでみてください。