夏休みのお出かけで家計は赤字です

「お出かけしたから食費節約しなきゃ」
夏休みの後は、こんな声がよく聞こえてきます。
お出かけしてお金を使った分、家計が圧迫されて、次の給料日まで食費を節約してしのぐわけです。

指折り数えて。

レジャー代は家計と切り離さなければ、楽しく遊べません。
「また、お金払うの?」
お財布が生活費と一緒だと、入場料、食事、交通費などお金を出すたびに憂鬱になってしまいます。

折角のお出かけですから楽しく遊びたいものです。
そのためには、家計とレジャーを切り離す必要があるのです。

例えば、夏休みのお出かけ用に15万円を確保しておいたとしましょう。
このお金は、お出かけだけに使っていいのです。
夏休みが終わった後の生活には一切影響しませんから、使い切っていいのです。

15万円の枠の中で遊ぶ分には、なんら問題がありません。
しかし、なかなかこのようにレジャー費を生活費とは別に確保していない人が多いものです。
そのため、お出かけしたから今月は苦しいという状態になってしまうのです。

お出かけしようがしなかろうが、家計に一切響かないようにしておかないとストレスが溜まってしまいます。
特に夏休みのような長い休暇では、しっかりと予算を立てて資金を確保しておかなければなりません。

ちょこちょこ支出が重なっていくうちに大きな金額となって貯金を取り崩す。
なんてことになりかねないからです。

無計画の怖さは夏休みに実感しますよね。

ここで、家計が崩れると、その後の管理を放棄しかねません。
しっかりと対策を立てて、楽しい夏休みを過ごしましょう。

そのためには、予算を見積もることと、資金の確保です。
夏休みのレジャー代に毎年どのくらい使っているのかわからない人は、見積が難しいかもしれません。
見積が甘いと結局生活費に食い込むことになります。
そうならないように、交通費、入場料、外食などを想定して少し多めに予算を立てておきましょう。

予算を立てたら、資金の確保ですね。
これは、毎月積み立てていく、ボーナスを当てるなど、わが家の家計に則して行ってください。

積み立てていく資金は、レジャー用の口座に移しておきましょう。
家計を管理する講座は3つを推奨していますが、その中の一つであるPOOL口座にレジャー費を貯めていきます。
生活費の口座に置いておくと、間違いなく目減りしますから、辞めたほうがいいでしょう。

夏休み費のお金の管理は現金の方が無難です。
頻繁にカードを使用していると、いくら使ったのか把握が不能になってきます。
封筒やレジャー用の財布に入れて、残金が目に見えるようにしておくことが使いすぎを防ぎます。

全額使っていいとはいえ、やはり見えるかしておかないとオーバーする可能性が高いですから。

今年の夏は上手くできなかったという人は、今年使った金額を目安に来年の予算だてをして、早速貯金モードに入ってくださいね。