間違いだらけの家計簿

最近の技術は凄いですね。
一度クリックすると、その系統の記事をやたらと表示してくる。
このところは、家計簿記事。

家計簿関連の記事ってあまり興味ないんですけどね。
正直言えば。

どうしてかというと、ほとんどが目先のやりくり重視のお話しだからです。
しっかりとした家計管理記事を書かれる人のものは、そういったところからあがってこない。

しかし、題名に釣られてついクリックして、その後におススメラインナップされてえらい目に合うわけです。

さて、家計簿の使い方は近視眼的では駄目なんです。というお話はよくします。
マクロ目線からのミクロ目線が大事なわけで、いまだけをみて帳尻合わせてても家計は一向に楽になりません。

現在一般的とされている家計簿の使い方では、辛い・みじめ・不安。
負の感情が心を占めがちになるんです。

どうしてかというと、やりくりとか節約とか、どの部分で行っているのか考えれば答えは出ますよね。
手許の現金です。

食費や日用品、レジャーなどの費用。
ここで何とか家計の帳尻合わせようとするから、辛くなる。
お金ない。って、暗くなる。

仕方がないんですけどね。
ミクロ目線だけの家計簿使いではそうなってしまいますから。

家計簿をしっかりと付けてもお金が貯まらない。
という現象が起きるわけです。

そもそも、そのやりくり費って妥当な金額ですか?
収入から固定費もろもろ引いて残った金額をやりくり費にしていませんか?

まあ、そうするように家計簿に促されてる感あるけどね。

先ずはそこから改善しないとダメ。
収入を配分するときに優先順位が必要になるんだケド、それさえも考えず、
いまの固定費等を先にひいて残った金額がやりくり費でしょ?

残額でわが家は暮らしていけるのか?
ここをしっかりと検証しないと、いくら節約したって苦しいまま。

簡単に言えば、わが家のやりくり費がシンプルに食費と日用品だけだとして8万円必要としましょう。
しかし、固定費等引いたら残額は5万だった。
このギャップに気が付かないと、一生懸命に5万円でやりくろうと頑張る羽目になる。
だから、節約しようが家計はちっとも楽にならない。
そもそもが無理な設定なわけだから。

もう、考え方を変えませんか?