家計簿はつけるだけじゃなく、検証すると、節約に走る

家計簿を付けるだけでは駄目です。
家計簿を付けたら、必ず見返しましょう。
振り返ってこそ意味があります。

こんな記事をよく目にします。

本当にそうなのでしょうか。

確かに、家計簿はつけるだけでは駄目です。
それでは、ただの事後支出記録。

では、振り返る。
と、どうなるでしょうか。

ほとんどの記事で、見返しましょう。とはあるものの、
記帳した家計簿の検証の仕方が詳しく解説されていません。

そのため、ぶっちゃけ、どうやって見返したらいいのかわからない。
というのが正直なところではありませんか。

家計が苦しいから、節約しよう。
食費が多いような気がするから減らそう。

このくらいの結論になるのでは。
と、なると、こんな図式になります。

家計簿を付ける → 見返す → 節約に走る

家計を楽にしたいから家計簿を付けているのでしょう。
しかし、これでは、解決からほど遠くなってしまいます。

節約を始めると、家計の大きな部分が見えなくなって、手許の小銭をいかに浮かすかばかりが気になります。
これでは、抜本的な家計改善ができませんから、家計の苦しさはあまり変わりません。
このような家計簿の使い方は、問題の解決にならないのです。

では、どうすればいいのか?

家計簿の使い方を変えればいいのです。
記帳 → 見返す
という使い方から、
計画を立てる → 計画通りに行えているのか家計簿を使って確認していく

なぜか、支出ありきで考えている家計の組み立て。
お金使って、書いて、お金使って、書いて。
で、足りないようだから節約しなきゃ。

こんな状態を、収入の適正配分を考えて、かつ、その通りに実行できているのか家計簿でコントロールしていく。
これだけで、家計管理が大きく変わります。
不安な日々から解放されますし、無駄な節約も行わずに済みます。

従来のやり方で結果の出なかった人は、家計管理が苦手とか、向いていないわけではありません。
効果の出るやり方をしていなかっただけです。

まず、一度頭をリセットして、収入の範囲内で支出の適正配分を考えてみてください。
※詳しいやり方は拙著「超・家計簿術」でご紹介しています。