お金が貯まらない人の家計簿

お金を貯めたいから家計簿を使うわけです。
しかし、お金が貯まらない家計簿となっているとしたら?

一生懸命頑張って面倒臭い家計簿記入を行ったというのに、なかなか効果が出ない。
そんな人は、貯まらない家計簿になっている可能性があります。

では、どのような家計簿が貯まらないのか?

ずばり、支出の事後記入としての役割を担っているだけの家計簿です。

買い物行きました。
レシート持って帰りました。
家計簿に書きました。
残額(もしくは支出合計)書きました。

こんな作業の繰り返しではないでしょうか。

その工程から貯金するという作業はどこに入りますか?
やりくり頑張って余ったらでしょうか。

そもそもね、家計簿記入を頑張っているゾーンから貯金しようというのが無理なわけです。
本気で貯金するなら、財源をやりくり費に求めたら窮屈で仕方がありません。

貯金できない人ほど、貯金と関係ないゾーンに一生懸命に力を注いでしまっています。

家計簿は、家計管理を行うためのツールで主役ではないんです。
主役はあくまでも家計管理。
収入を上手に配分してお金をコントロールすること。

しかしね、記帳しないとコントロールが難しい部分がある。
だから、その部分だけ家計簿を利用していけばいいのです。

貯金したいなら、その目的に合った合理的な家計簿使用をしていきましょう。
家計簿インストラクター講座なら5時間でマスター可能です。
効果のある家計簿との付き合い方をぜひ体験してください。