お金が余ったら貯金でいいの?

貯金に関するご質問で多いのが、これ。
生活にゆとりがなく、貯金ができません。
何とかして節約した分を貯金に回そうと思います。
と、いうもの。

節約して浮いたお金ってどのくらいになりますか。
そう多くはないですよね。

仮に、めちゃくちゃ節約を頑張って5,000円残ったとしましょう。
年間では6万円です。
10年間で60万円。
10年間も、めちゃくちゃ頑張って。です。

答え出ましたね。

お金が余ったら貯金。では、まずいわけです。
もちろん、しっかりと別途貯金しておいて、家計費が余ったらさらに貯金というケースは除きます。

将来への備えをしっかりと確保したうえで、現在の生活を組み立てていかなければ、貯金はできません。
貯金ができないと嘆く人のほとんどが、「計画」がないのです。

貯金分が取れないという現状の家計支出は、身の丈に合っていない可能性が高いわけです。
贅沢しているつもりはなくても、「ふつう」という感覚に慣れてしまっているため、なかなか気が付きません。

家計が苦しいのであれば、わが家にとって今の生活は贅沢なのです。
今一度、家計支出の中味を見ながら、支出の検討をしてみてはいかがでしょうか。