デビットカード作りませんか?

先日、某銀行に口座開設に行った際、
デビットカードの作成とネットバンク口座開設をすすめられました。

ご商売ですので、そのことに関しての是非をどうこう言う気はありません。
驚いたのが、勧めるためのトークです。

もし、お出かけをしていて、買いたいものがあったとします。
お財布に現金がなければ買えませんよね?
デビットカードがあれば、現金がなくても買い物ができるのです。
クレジットカードほどリスクはないので安心です。
近くの銀行を探してお金をおろしてくるのでしたら、
デビットカードがあれば、そのような手間は省けます。

こんなトーク。

デビットカードに関しての是非も問うつもりは毛頭ありません。

幣協会でご提供しているものは、
家計管理が苦手な人に対するノウハウ講座です。

現金なくても買えますよ。
は、まさしく弊講座の趣旨からはNGトークです。

講座内でも、クレジットカードは上級者アイテムだからと
家計管理の苦手な人は使用を勧めていません。

その理由としては次のようなものがあげられます

・購入と支払のタイムラグが生じる
・未確定収入に対する確定支出であることのリスク
・支出コントロールが難しく、家計の管理ができなくなる
・手許現金がないときに、キャッシング使用してしまう
・身の丈以上の買い物癖が付く
・お金を使用している感覚が少なくなる

デビットカードのデメリットとしても、ほぼ同じことが言えます。
・身の丈以上の買い物癖がつく
・お金を使用している感覚が少なくなる

クレジットカードの話をすると
・ポイントが付く
・マイルがたまる
など、論点のすり替えが起こりがちですが、
問題は家計の管理が苦手であるというコト。

そして、家計管理が苦手な人は、
家計のコントロールが難しくなるアイテムの使用を避けることがベストだというコト。

こういったアイテムは
現金管理ができるようになってから取り入れても遅くありません。

一番の目的は
家計の管理ができるようになること。ですよね。