ボーナス前に家計を整える

kyuryou_bonus赤字補てんのために待ち遠しいボーナス。
そう、ボーナスが支給されれば家計は楽になる

このような家計は、この繰り返し
いつまでたっても、赤字補てんに振り回されてしまいます。
そう、楽にならない。

ボーナスは家計から切り離すことをおすすめしています。
支出には、
・生きるために必要な支出
・生活を豊かにする支出
この二つがあります。

毎月の家計は、住居費、光熱費、食費など「生きるための支出」をまかない、
ボーナスのような臨時的な収入は旅行、レジャー、ブランド品や装飾品などの
「生活を豊かにするための支出」に当てましょう。

このような区別をしておくことは、家計にとって大きな意味を持ちます。

生きていくために必要なお金は、収入が減ったからと言って
すぐに削ることはなかなか難しいものです。

しかし、生活を豊かにするために使うお金は、
収入が減れば削ることは可能です。

基本的な生活支出を、毎月の収入で賄うように
家計を組み立ててみてください。

贅沢していないけれども
貯まらない。

こう嘆く人は多いのですが、では、
どこが贅沢になっているのでしょうか?

毎月の収入で賄いきれない支出
と、いうことは、確実に収入に見合った生活の組み立てになっていないわけです。

必要な支出を集めて家計を組み立てる人に、
この傾向が見られます。

あれも必要
これも必要

この考え方で家計を組み立てていけば、ほとんどのケースで赤字が発生します。
家計を楽にするためには逆の発想が必要なのです。

それは、
「収入の範囲内で支出を振り分ける」こと。

2016年のボーナスがあっという間になくなって
2017年夏のボーナスを心待ちにしないで済むように、
ボーナスの支給前に、家計を見直しておきませんか