ボーナスの家計簿記入注意ポイント

pic_g04616月7月はボーナスの時期ですね。

・毎年、何に使ったのか良く分からないけれども、ボーナスがきれいになくなっている。
・ボーナスは貯金しているけれども
毎月赤字なのでそこから補てんしていて、実際にいくら貯金できているのかよく分からない

こんなお声をよくいただきます。

そこで、今回はボーナスの使い道がよく分かるように
家計簿をどのように使っていけばいいのか見ていきましょう。

まず、復習です。
家計の口座は三つでしたね。
生活口座・プール口座・貯金口座

ボーナスが支給されたらいったん全額をプール口座に移します。
そのうえで、ボーナスの予算を立てるのでしたね。

理由はかんたんです。
使い道を決めておかないと、
いつの間にか出て行ってしまうのがお金の性質だからです。

生活口座に置いておかない理由は、
気が付かないうちに生活費に流れてしまわないようにです。

さて、話を今回のテーマに戻して
家計簿とボーナスの関係を見ていきましょう。

ポイントは一つです。
口座を分けたように
家計簿上も毎月の家計とボーナスは切り離すことです。

ボーナス支給が6月だったとしましょう。
6月の給料とボーナスをその月の収入と記入しないことが大事です。

あくまでも、毎月の給料収入はそれ単体。
ボーナスは記帳も口座もそして気持ちも別管理しましょう。

だから、
ボーナスから支出した金額を月の生活支出として書きこむことはしません。
こちらも、別記帳。

ここをしっかりと分けないから
ごちゃごちゃしてよく分からなくなってしまうのです。

使っている家計簿にボーナス管理ができるページがあるか確認してみましょう。
もしなければ、A4の紙に支給額、予算など書けるように自分でつくてみても
よいでしょう。
どの様に作ったらいいのかわからない人は、以前ご提供したボーナスシートが
こちらからダウンロードできます。
使ってみてくださいね。
朝日新聞家計ボウエイ隊ボーナスシート

※家計簿講座テキスト内にて
現在配布しているものはもう少し進化しています。