家計簿のつけ方に迷ったら

pic_g0461家計簿の記入をしていると、
どのように書いたらいいのか?
と、迷うことがあります。

よく質問を受ける項目をあげてみましょう。

・クレジットカードを使ったらどこに書けばいいですか?
・この水道光熱費は何月の支出にかけばいいですか?
・後からレシートが出てきたらどうすればいいですか?
・食費と日用品を同じ店で買ったら、どのように書けばいいですか?

一つ一つは別のコラムを参照してください。
ここでは、もう少し大きな枠でお伝えしていきます。

家計簿の書き方に迷うと、
家計簿を付けることが嫌になってしまいます。
これが、一番のデメリット。

迷う→悩む→面倒臭くなる→やめる

こんな図式でしょうか。
書き方に悩んでネット検索したりしても
自分の悩みにピンポイントで答えが見つかることは
なかなかないかもしれません。

すると、わからないまま放置。
また、同じような支出があって、どうしたらいいのかわからない。
と、なると
面倒臭くなってやめてしまうのも仕方ないかも。

家計簿初心者さんにとって大事なことは、
どのように書くかよりも
まずは、続けて書くことです。

家計簿記入の習慣をつけること。
そのためには、細かいことを気にせず、とにかく書いておく。
といっても、
それができないから悩むわけです。

そこで、迷わない仕組みつくりも大事になってきます。
たとえば、
クレジットカードは使用しないとか、
クレジットカードを使用しても、現金同様に扱うとか。

もしくは、
なるべく迷うことの少ない家計簿を使用していくとか。

当講座の家計簿は
家計簿が苦手な人の声から、家計簿の躓きどころを省きました。
そのため、いたってシンプルです。

朝日新聞家計ボーエイ隊で検索してもらえれば
無料でネットからダウンロードできます。
使用方法も朝日新聞サイトに掲載されていますので
一度使ってみてはいかがでしょうか。