家計簿がなくても貯まるって本当?

pic_g038家計簿を付けるの苦手。
家計簿付けなくても、お金が貯まるのならそっちの方がいい。

そこで、家計簿無しでお金を貯める方法。
なるものを、ちょいちょい目にするし、ご質問も受けるのでとりあげてみましょう。

結論から言うと、
家計簿無しでお金を貯めることは可能でしょう。

しかし、
お金をコントロールしながら貯めるとしたら、
難しいと言えるでしょう。

そのため、赤字家計や家計が苦しいと感じている人には
向かない方法です。

仮に手取り収入が80万円あって、適当に使って50万くらい。
だいたい30万円残るくらい。
なんて、おおざっぱができるのは
収入がかなりあって、しかも
支出も収入に比して大きくなく、いわゆる余裕幅の大きな家計。

このケースでは、特に家計簿を付けて細かく収支を把握しなくても
通帳残高が増えていれば
貯金が増えている。と、いうことになります。
とはいえ、こんな家計はまれですよね。

一般家計では手取り収入と支出が同じくらい、
もしくは
ちょいプラスやマイナスだったりするので、
やはり ”管理” は必要になってきます。

その、管理に必要なのが家計簿なので、家計簿は無しでは
貯金どころか、管理さえも難しいでしょう。

さらに、貯金と、一言で言ってもその意味は異なります。
お金が少しでも増えていればいいのか
それとも
貯めたい金額があるのか

そもそも、家計管理を行っていくのは
必要な将来の資金をも貯めていくためでもありますから
ただ単に
偶然残ったお金=貯金
としてとらえていくことは、全くの畑違いとなります。

偶然お金が残って、それが10年で50万円だったとしましょう。
その10年後に車購入として必要な資金は150万円だった場合、
100万円足りないですよね。

これでは、貯金の準備不足が発生してしまうのです。

そうならないように、計画的にお金をコントロールしていく必要があり
それに役立つのが家計簿です。

だから、
赤字家計や、家計がきつい場合は
今と、将来の為に家計簿が必要なのです。