赤字家計を今すぐ改善しなければならない理由

pic_g038赤字家計
収入より支出の多い家計

文字で書くとこれだけ。
大したことのないように感じる。
しかし、実際は赤字はあり得ない。

なぜなら、お金が足りない状態が赤字。
足りないのにどうやって使っているの??

ごくごくシンプルに考えたら
不自然な状態

お金がないのに、お金を使う
そのお金はどこから調達してるの?

多くの場合は、貯金を取り崩していますね。
貯金を取り崩すといっても、
その貯金はいつまでも湯水のようにあるわけではありません。

必ず、底をつきます。
使い切ってしまいます。

仮に毎月4万円赤字だったとしましょう
4万円×12=48万円
年間48万円の貯金取り崩し

5年もすれば
240万円が消えていくことになります。

貯金がゼロになっても
家計は赤字なので、お金が必要。
今度は、どこから調達してきますか?

親から借りる。ケースもあるでしょう。
が、
貯金が底をついた家計は
クレジットカードを使い始めます。

生活費が足りない。
手許でよく支出する生活費は食費ですから
ここをクレジットカードで支払うようになります。

いわゆる自転車操業の始まり。
生活費が足りないわけですから
この借り入れは、返済ができない可能性が高いのです。

いま、今日の
生活を送ることに必死でそのような行動に移っていきます。

一度超えた気持ちのハードルは、
残念ながら低いものになってしまいます。

一枚目のクレジットカードから
二枚目のクレジットカードへと・・・・

家計赤字が続いていると言って
何も対策をしないその感覚は極めて危険なのです。

赤字家計の多くは、家計簿を付けておらず
正確な月々の赤字額さえ把握していません。

まずは、
現状の確認をすることです。
家計赤字から逃げていても決して解決はしません。

いますぐ
家計簿を付けて、家計支出を把握していきましょう。
貯金が底をつく前に