家計簿に使う費目が選べない

pic_g0461家計簿を付けよう!
と、いざ思っても

どこから何をしていいのやら?
さっぱりわからない。

こんな人もいるでしょう。
そこで、今回は家計簿の費目を考えていきましょう。

市販の家計簿を開くと
費目がきっちりと決まっているものや、
何個かの費目はプリントされているが
それ以外は自由に書き足せるもの
など、色々なタイプのものがあります。

すべて決まっているタイプを使用する場合は、
わが家にとっては使わない費目というのも
あるでしょう。

ムリにすべての費目に支出を振り分ける必要はありません。
その費目に該当するような支出のない家計であれば
空欄で大丈夫です。

一方、費目が数個しかなく自分で書き足すタイプの家計簿。
どんな費目があればいいのか
これは、悩みどころですね。

お奨めは
食費
日用品費
その他
この三つ

家計簿の記入に慣れてきたら
その他の内容を分けていけばいいのです。

わが家は交通費が多いなあ
とか、
ペット支出が多いなあ
などと
記入し続けているとわかってきます。

そういった感覚を掴んだら
はじめて
わが家の費目を作れば良いのです。

ペット費
交通費

といった具合に。

少額で、あまり頻繁ではない支出は
わざわざ費目を独立させずに
その他にまとめてしまえば良いでしょう。

まとめると、
費目の決定は
わが家の支出傾向に合わせる。
と、
いうことです。

家計簿初心者さんはすぐに費目を決定することは
難しい作業となるでしょうから
まずは、3つの費目わけからスタートしてみてください。