貯めておけばよかった!より貯めておいてよかった!

家計簿選びは重要

家計簿選びは重要

宵越しの金は持たねえ。
なんて、キップの良い江戸っ子の表現として使われますが

実は、お金を貯蔵しておく場所が無かったための
安全策だった。という説もあります。

使い切ってしまうお金の使い方をする人は
意外と多いものです。

家計調査によると
金融資産を保有していない人が約3割だそうです。

老後への心配のある家計が約8割だそうなので
不安は抱えつつも
貯蓄がおぼつかないといった現況が見えてきます。

そこで

貯めておけばよかった!
から
貯めておいてよかった!
への改革

行っていきませんか?

貯めておいた方がいい。
そんなことは、十分わかっている。
いまの家計の状態でどうやったら貯まるというのか・・・・
貯められるものなら、とっくにそうしてる。

そう思いますよね。

まずは
貯まらない原因を一度確認してみませんか?

貯金ができない
家計が苦しい

そんなお悩みを持つ人の多くが、
家計を把握していません。

そのため、口頭で数字をもらって
即興の家計簿を作ると
黒字になったりします。

現金足りなくて、貯金切り崩しているのに
黒字はおかしい。

これは、家計支出をきちんと把握していないがために
起こること。

そこで、3ヶ月程度家計簿を付けてみると
やはり赤字になる。

それも、
このくらいの赤字かな。
と、ご自身で想像していた以上の額になることが多い。

もともと
何に使ったのかさえも覚えていない支出であれば
カットしてもさほど影響はありませんよね。

貯蓄の第一歩は家計を知ることから。

家計簿生活
始めましょう。