こんな家計簿講座は危険

pic_g0515家計簿講座
参加されたことはありますか?

各地でいろいろな家計簿講座が開催されているようです。
アナログ家計簿をすすめていたり
携帯アプリをすすめていたり

内容も本当に様々

主催者も様々
FP(ファイナンシャルプランナー)だったり
ライフオーガナイザーというお片付けの人だったり
生協などだったり・・・・

いくつか参加させていただいて
感じたことがある。

それは、本当に
家計簿講座だってこと。

当たり前なんですが、ここ、かなり大事なんです。
と、いうのも

家計簿でコントロールしようとしているのは
ほとんどの場合
やりくり費部分

食費や日用品などです。

ココだけ見ちゃってああだ、こうだ。
使いすぎ
削ったほうがいい

家計簿だけ見ちゃうと
こんなお話になっちゃう。

そもそも家計簿でコントロールする部分は、
そのコントロールする予算金額で足りているのかどうかが
一番大事なポイント。

そこを見ないで
なんたらかんたら
は、かなり危険だと言わざる負えない。

実質、その家計の問題がやりくり部分ではないのに
その部分だけに目をやってしまう。

その結果、ムリな節約
いつまでも苦しい

こんな状況を作り出してしまう。

家計簿の講座に参加しようと思ったら
もしくは
参加したとしたら

覚えておいてほしいのが
やりくり費部分だけで家計をみてはNGだというコト。

わが家の苦しい原因を発見するために
家計簿をつける
と、いう目的を覚えておいてほしい。

開催されている家計簿講座のすべてが
家計簿や家計管理に精通している人が講師ではないわけだから、
その辺は、参加者が見極める必要がある。

どの様な講座へ参加するのかは
自己責任。

家計簿講座を受けたその家計簿が
決して、あなたを、あなた自身を追い詰めるための
アイテムにはしないでほしい。

楽になるために、利用してほしい。