家計簿の目的が違います

pic_g038たくさんの家計簿が市販されています。
年末に書店へ行くと、選びきれないほど。
最近では、携帯アプリも。

どの様な家計簿を選んだらいいのか
迷うところでしょう。

そのようなお悩みも、ちょいちょい
寄せられます。

もちろん、いつもお勧めするのはあの家計簿なのですが・・・・

さて、どの家計簿を選んだとしても
どうして家計簿をつけるのか?
家計簿をつけることによってどうしたいのか?

家計簿をつけることの
本来の目的が見えない
分かりずらい
伝わりにくい
そんな、商品が多いように感じます。

では、あなたが家計簿をつける目的はなんですか?

その目的は
その選んだ家計簿をどう使うことによって
達成が可能ですか?

ここをしっかりと頭に置いておけば
家計簿選びに
迷うことは少なくなるでしょう。

家計簿はあくまでも
達成したい目標をクリアしていくための
ただのツールなのです。

ツールは当然ながら目的別に選びますよね。
例えば、<切る>としても
何を切るのかで、使うアイテムが変わってきます

封筒の封を空けたければ、ハサミ
段ボールを開くように切りたければ、カッター
裁縫の布を切るなら、布切ハサミ

家計簿も同じです。
目的が見えていなければ、選べないのです

そう考えれば、
なんとなく家計簿付けたら貯まるかな
とか、
家計苦しいから、家計簿つけてみようかな
といった
家計簿をつけようと思った理由では、
そもそもの目的がぼやけてしまっているのです。

すると、
家計簿をきちんとつけることが目的になってしまいがち。
その先の、家計管理のためのツール作りという目的が
みえなくなってしまいます。

家計簿は、あくまでもツール。
家計簿をつけることを目的にしてしまっては、
家計改善はなかなか実現できません。

なぜ、家計簿をつけようと思ったのか?
これ、大事です。