そのキャッシュフロー表は信じられるの?

pic_g063CF=キャッシュフロー
CF表はお金の流れを見ることができます。

そこで、時系列にイベント等も組み込んで
家計がどのように変化していくのか、
どこに問題点があるのか
などを見ていくために作成します。

住宅購入時には作成することをおすすめします。
しかし、CF作成にあたって問題があります。

それは、
CF自体が正確ではないことです。

CFというアイテム自体の問題ではなく
作成する側の問題。

住宅の購入相談ではかならずCFを作って
購入後の家計がツラくならないかどうか見ていくのですが、
この時に多くのケースで
すぐにはCFが作成できません。

家計の収支を把握している家庭が少ないからです。
このくらいかな。
で、出てきた数字は実際の支出と必ず一致しません。

家計簿をつけていないで
なんとなく、の支出金額を口にするときは
収支トントンか、若干のプラスマイナスくらいで
頭の中で帳尻合わせをしてしまうものです。

その数字でCFを作ると
全く役に立たないものが出来上がってしまうのです。

そこで、
CF作成の前には、家計簿をつけてみることをおすすめします。
FPにCFを作成してもらう場合も同じ。
きちんと家計の収支を把握したうえで、作成してもらいましょう。

特に、住宅購入などの大きな判断をするために使用するのであれば
慎重に作成しなければなりません。