一万円はあなたの家計に高いですか?安いですか?

家計簿選びは重要

家計簿選びは重要

突然ですが、
この一万円の商品を購入してください。

と、言われたら、
高いと感じますか?
安いと感じますか?

どうでしょうか。

家計管理の苦手な人は、
高いとか安いとか答えることでしょう。

なぜなら、一万円という金額で
高いのか安いのかをジャッジしているからです。

その理由は後で述べるとして

では、
家計管理の上手な人はどう判断するかというと

その一万円で買える商品を見て、
値段以上のメリットが享受できると思えば安いと感じます。

逆に
値段以下の価値しか得られないと感じれば
高いと判断します。

自分にとってその商品が、金額以上の価値をもたらすかどうかで
判断するのです。

例えば、
正真正銘の新車が一万円なら、安いですよね。
反対に
使い捨てボールペン1本が一万円なら、
高いと感じるでしょう。

お金がもたらすメリットをしっかりと判断することが
お金を使う満足度を上げる方法となります。

金額である数字に
アンカーを落としてはいけないのです。

もう一つ例を挙げましょう。

あなたは、静かに1時間ほど読書をしたいと思いました。

音楽が大きなボリュームで流れ、
小さな子供が騒いでいるハンバーガーショップでは
コーヒーが100円です。

その隣の、落ち着いた雰囲気のカフェは
コーヒーが600円。

さて、どちらの店を選びますか?

あなたの目的は、静かに1時間ほど読書をすること。
そのために払う金額として600円が妥当かどうかって
ことです。

金額だけで100円と600円を比較して
安い方を店を選ぶと
あなたの欲しい空間は手に入らないでしょう。

このように、お金があなたにもたらす見返りを
考えて満足する使い方をしていけるようになると

使い方のメリハリが出て
さらには生活に満足度も上がることでしょう。