家計の苦しさはいつ解消できるの?

pic_g063家計が苦しい。
毎月苦しい。

そんな場合、節約したり
ママがパートに出たり

で、その家計の苦しさはいつ解消出来そう?

ここがポイントなんです。

一時の家計の苦しさならば
なんとかその期間だけ耐えることで
家計は改善していけます。

子供にお金のかかる大学受験時から
卒業までとか。

しかし、
毎月の家計で賄っていかなければならない
高校までの教育費等で家計を圧迫しているなら
家計が楽になるまで
先が長いお話ですよね。

大学受験時までの教育費は家計で賄っていくとすると
小学校、中学校時代は
家計にまだまだ余裕幅が無いと
将来辛いことになります。

子供の成長とともに支出は増えていきます。
親の介護などがあれば、さらに支出が増える可能性も。

そのため
子供が小さいうちの家計は
将来の支出増を加味して、ゆとりのある設計をする必要があるのです。

その時期に家計が苦しいのであれば
生活水準を見直す必要が出てきます。

昨今の経済情勢では、収入が増える可能性は
大きくありません。

年齢に比して収入が増えた時代では無いのです。

今の収入をキープと想定して
将来の生活支出を組み立てておく方が
リスクは少ないと言えるでしょう。

そのため
家計が苦しい
と、いう場合は、
現在のわが家のステージを確認してみましょう。

一時だけの苦しさなのか?
これから支出が増えていく家計なのか?

これから支出が増える家計なのに
その支出増を加味せず、
家計は苦しいけれども
なんとか払えるかも。

なんて、
住宅購入などで大きな固定支出を確定してしまうと
家計が火の車になるのは時間の問題です。

しっかりと
長期目線で家計を考えていきたいですね。