赤字の補填にママの貯金を取り崩してはダメ

pic_g0461家計が苦しい!
それだけならいいのですが、
(あ、良くないですね。。。。)

赤字家計は収入より支出が多い状態ですから
必ず、どこかからその足りない分を
調達してこなければなりません。

赤字って、そういうことですよね。

初めのうちは、ママの独身時代の貯金を
赤字補填に当てるケースが多いようです。

しかし、これは
NGなんです。

と、いうのも、こういったケースは
多くの場合で、赤字解消ができずに
ママの貯金は底をつくことに。

家計が苦しい。
赤字だ!

と、思ったら、すぐに家計改善する必要があります。
決して、貯金を取り崩して
その場その場をしのぐことではありません。

特に、ママの貯金は隠し財産。
使い切ってはいけません。

なぜなら、もし離婚となった場合に
女性は資金面での壁があってなかなか決断がし辛いのです。

めでたく離婚せずに寄り添った場合は
子供が独立した後に
楽しく使えばいいのです。

赤字は常に
貯金額との競争です。

貯金額が競争に負けてしまうと、
補填する手段がなくなり
借入をしなければなりません。

そうなる前に、
まだ、貯金額があって、いくばしかの心の余裕があるうちに
家計を改善する必要があるのです。

私の貯金でなんとかしのごう!
は、オススメしません。

なんとかしのげないケースの方が多いからです。

今、家計が苦しければ
将来はもっと苦しくなっていきます。

目先の帳尻合わせで誤魔化さずに
しっかりと家計を見つめていきませんか?

そのためには、
まず、
家計簿をつけることをオススメします。

少なくとも3ヶ月はつけてみてくださいね。
立派な家計改善のための基礎情報になりますから。