貯金を分けていますか?

pic_g0461貯金はしているものの
何のためにいくら貯めているのか把握できていないケースでは
お金を使うことが不安になってしまいます。

なぜなら、
現在の貯金で足りているのか?
足りるのか?
が、明確になっていないためです。

お金をもっともっと貯めなくてはならないのに
使ってしまった・・・・

このような罪悪感の元で家計のやりくりをしていくことは
とても
心が疲れます。

そこで、
現在の貯金をその目的別に振り分けてみましょう。

子供の大学資金用の貯金は
子供名義にしていることが多いでしょう。

それ以外の、用途別になっていない
一色単になっているものを分けていきます。

家計簿の余白等を使って、まずは
家計簿上で金額を分けていきましょう。

その後、余裕があれば、用途に合わせて口座を分けると
分かりやすくてより良いでしょう。

さて、貯金の分け方なのですが
今既にある貯金を分けるには、今後のイベントを考える必要があります。

いつ
何のために
いくら

の、”何のために”です。

何のために貯金をしていますか?
何のために貯金が必要ですか?

割振りに重要なことですが、意外と考えていなかったりします。

貯金300万円あるのですが、少ないですか?
と、いった質問があらわすように、
何のために必要なのか?
いくら必要なのか?
が、抜けているわけです。

ただお金をやみくもに貯めても生活は楽しくありません。

何のために
いくら
貯金をしてくのか

目的を考えて、いつまでに準備していくのか?
今はどのくらい用意できているのか?

順番に見ていくといいですね。

いくら貯金しても不安で仕方がないという
不安からの貯金地獄にはまらないでくださいね。