残念な家計簿

pic_g063自作の家計簿を使っている人に時折見られるのが
残念な家計簿。

家計簿つけているのに、どこを見直せばいいのかわかりません。

こんな方に共通して言えるのが、
家計簿が、整理されていない状態。

せっかく家計簿を付けているのに、残念な状態です。

整理されていない状態とは
どういう家計簿かというと

費目がグループごとにまとまっていなくて
混在しているのです。

これでは、家計の問題点が見つかりにくいのも
当然です。

家計の問題点を発見するには、
まず、十分なやりくり費があるかどうかを確認します。

やりくり費がもともと少ないがために
赤字家計だとすれば
それは、いくら食費等の節約をしても
家計は一向に楽にならないからです。

十分なやりくり費があるかどうか確認。
と、たった一文ですが、実はこれが大きな問題。

わが家は、食費や日用品等で手許に
いくらあれば毎月生活がしていけますか?

ここ、把握していないとなりません。

そのためには、家計簿つけて、
毎月の大体の支出を掴んでおくこと。
これが大切になります。

さて、話を戻して
残念な家計簿の特徴

費目がグループ分けされていなくて
見づらい。というもの。

どのように分ければいいのかですが、
・固定費
・変動費
・やりくり費
で、まとめてください。

見直し方は、また別の機会にお話ししますが
この3グループをしっかりと分けることが
家計管理のスタートとなります。