家計簿を続けるコツはこれ!

pic_c061ダイエット、日記、家計簿といえば、継続が大変なもののベスト3。
どれか一つくらいは過去にチャレンジして、さらに挫折した経験もある!と、いう人も多いと思います。

「継続は力なり」とは言いますが、続けることって、本当に大変ですよね。
家計簿って言葉自体が苦手になっている人も中にはいます。

難しそう。
面倒くさそう。
向かなそう…。

そんな家計簿に馴染みのない人が、家計簿を楽しく続けるコツはたった一つです。

『適度ないい加減を覚えちゃうこと』

真面目な気質が顔を出すと結構つらくなっちゃいます。
どういう事かというと、学生時代の勉強等々で答えは一つだったことが多いため、きっちりとしないと不安になっちゃうのです。

その代表例が費目。
家計簿のお悩みで費目は上位にあがってきます。
どの費目にどの支出を入れたらいいのか迷ってしまうのですね。

費目の区分けに迷いだしたらとにかく面倒くさいし、自分ではなかなか答え出ないし、家計簿がつらくなってきてしまいます。
支出した金額がある程度把握できればよしとして、費目にこだわりすぎないようにすると格段に家計簿が楽になります。

お友達と外食した費用は交際費でも食費でも雑費でも自分でわかる費目に算入すれば大丈夫です。食事代は交際費だけど、会いに行った電車代は交通費で…なんて、ことしていると疲れちゃいますから。 家計簿は適当ではだめですが、いい加減ならOKです。 完璧な家計簿は必要ありませんから、まずは気楽につけ続けることから始めてみませんか?