ムダ探しは、ダメさがし

家計簿選びは重要

家計簿選びは重要

何にいくら使っているのか
支出を再度見返して、
・本当に必要だったものと
・後から考えればムダだったものを
区分けして、支出減をしていく方法は
自分の支出傾向を知るためには有益かもしれません

しかし、家計簿初心者さんは
一旦それはやめておきましょう。

というのも
家計簿って、そもそも支出した金額を記入していくノートです。

収入をプラスと考えれば
支出はマイナス

マイナスを毎日毎日書き続けていく作業。
これだけでも
ちょっと気が重いですよね。

逆を考えてもらえばわかりやすいでしょう。
プラスを書き続けていくのは楽しいはずです。

仮に、毎日収入を得られるとして
毎日収入金額を記入し続けていく作業

心のウキウキ度は違ってきますよね。

支出というものは、
記入するときもあとから見直す時も決してウキウキはしないのです。

ウキウキするのは支出するその瞬間だけでしょうね。
欲しいものを買う時

家計簿に慣れていない家計簿初心者さんにとって
支出を記入するだけでも憂鬱なのに
再度その支出を見て、ムダなものを探すという行為は

・家計簿すらつけられない自分はダメな人
・ムダな物ばかり買ってしまう自分はダメな人

なんて、自己否定に陥りがちです。

自分にダメ出しはやめておきましょう!

支出傾向が見えて、目標が定まれば
お金の使い方は変わってきます。

家計簿初心者さんが行うことは
てっとり早く支出のムダを探すことではなく
自分の支出傾向をそのまま受け入れることです。

まずは、赤字だろうがなんだろうが
家計簿を一か月書き続けてみてください。

小さくてもいいので、
成功体験を積み重ねていくことが大切です。

自分にダメだしするのではなく、
褒めて褒めて、楽しい家計管理を目指しましょう!