pic_g005シンプルが一番

市販の家計簿を見ていると、
足し算で構成されているものがあります。

たしかに、以前に家計簿を手掛けていた某編集長が
あとから
あとから
ご要望に応えるようにアイテムを足していったら
収集が付かなくなってきた。

と、ご相談に。
確かに、そのようなタイプの家計簿をちらほら見受けられます。

基本となる家計簿に記載する事項を決めて
そこに、どんどん足しちゃうと、いつのまにか
ごちゃごちゃして、使い勝手が悪くなってしまう家計簿が
出来あがってしまいます。

家計管理をするために
どのようなアイテムが必要なのか

家計簿初心者さんであれば、
最低限のものでいいでしょう。

収入は総額ではなく、社会保険料などを差し引いた手取り額にします。
支出も、費目を分けすぎず、
繰越等も書かず
シンプルに

前述の家計簿が足し算なら
その逆の引き算で作った家計簿が、家計簿初心者さんには向いています。

やるべき項目を極力減らしたものです。
迷わせる項目を極力減らしたものです。

そんなシンプルな家計簿は朝日新聞家計ボーエイ隊に
ご提供しておりますので、ネットから無料ダウンロードが可能です。

特徴は
・給料日が何日でも対応可能
・費目が3つのみ
・残高を記入しない
・後から見つかった支出も書きやすい
などなど、家計簿のお悩みで頂いた声を、反映しています。

実際には、その家計簿と年間支出表を使用していきます。