先取り貯金っていくらすればいいの?

pic_g064先取り貯金のお悩みは大きく分けると2ツ
・いくら貯金すればいいのか?
・赤字の場合でも貯金するのか?

今回は、いくら貯金すればいいのかを考えていきましょう。

多くの人は、
先取り貯金の金額をあまり考えずに設定しています。
このくらいなら貯金できるから。と、いった感じでしょうか。

そもそも、先取り貯金として特別に確保していくお金は
将来に必要となるお金です。

もし、貯金額が少なかった場合は、
将来の一定時点において、そのイベントを急きょ変更しなくてはなりません。

・金額を削る
・イベントそのものを見直す などです。

これでは、困ってしまいますから、十分な金額を準備できるように
計画的に貯金していくことが必要になります。

反対に、
将来のためにと、せっせと貯蓄をする毎日で
過剰な貯蓄生活になり
今を楽しめないのでは、それはそれで弊害が出てしまいますね。

今も将来も楽しむためには
なるべく適正な金額を確保していきたいですね。

そのために、やらなければならないことがあります。
それは、自分のもしくは家族の将来をイメージすることです。

将来に叶えたいイベントが分からなければ
それにいくら必要かもわかりません。
いくら必要かわからなければ
どのくらい貯金していけばいいのかもさっぱり見えてきません。

大きなイベントだけでも
ささっと書き出してみましょう

その時のポイントが
・いつ
・なんのために
・いくら
です。

思いつくまま何個でも。

ここが先取り貯金設定のスタートですから、
読んで終わりではなく
実際に紙に書きだしてみてくださいね。

必要な金額がわかったら、
毎月いくら貯金していけばいいのかわかりますね。
(ここの詳細は別途コラムアップします)