お金ってなんだろう??

pic_g082子供にとって、とても不思議なおかね
もし、”おかねってなあに?”と、聞かれたら、どう答えますか。

私たちが毎日接しているお金のコト
ちょっと考えてみましょう。

お金には次の三つの機能があります

・価値の交換
・価値の貯蔵
・価値の尺度

一つづつ見ていきましょう。

価値の交換
モノやサービスと交換したり、それらの価値に対して報酬を支払ったりする手段
もし、お金がなかったら、物々交換をしなくてはなりません。
自宅で作ったお米と、トマトを交換してもらいたい場合は、トマトを交換したい人を探し、
さらに、
お米と交換してくれる人を探さなければなりません。
これは、とても大変なことです。
お金の交換機能は、とっても便利な役割を果たしています。

価値の貯蔵
お金を貯めておくことができる
お金は、使わなければ自分で貯めておくことが可能です。
将来のモノやサービスとの交換のために、貯めておくことができます。
仮に、トマトであれば将来のモノやサービスとの交換のために、長期間保存しておくことは難しいですよね。
お金の勝貯蔵機能は、とっても便利な役割を果たしています。
価値の尺度
モノやサービスの共通の価値をお金の単位であらわし、決めることができます。
モノやサービスとの交換において、目安となる交換単位がないと、その都度考えなければなりません。
お米1升とトマト20個の交換と決めたとしましょう。
他の人が、お米1升ときゅうりを交換してほしいとしたら何本に設定したらいいでしょうか。
かぼちゃを持ってきたらどうしますか?
このように、お金という共通のアイテムで価値を測ることによって、わかりやすく交換ができるようになります。
お金の価値の尺度機能は、とっても便利な役割を果たしています。