収入の範囲内で支出をコントロール

pic_g038家計管理の大きなポイントは
収入の範囲内で支出を賄うコト

当たり前~~
と、思うでしょうが、そこが崩れるから
赤字になるわけです。

さらに、それができれば苦労はしていない。
もう少し収入が多ければ
とも、思われることでしょう。

あともう少し、収入が多ければ家計は楽になるのでしょうか。
貯められるようにもなるのでしょうか

もちろん、収入が多ければ多いほど
家計のやり繰りは楽です。
貯金分の確保も楽でしょう。

しかし、現在家計管理にてこずっている場合は、
収入が増えても家計が楽になる可能性は低いのです。

それは、家計管理に対する基本的発想が
逆だからです。

家計支出はいろいろな項目で構成されています。
住居費
通信費
食費  などなど

これも必要
あれも必要
と、積み重なって、その支出の合計が月の支出合計となっているのでは、ないでしょうか。

たとえば、
・皆通っているし、そろそろ塾に行かせなきゃ
・スマホ欲しがっているから
と、どんどん支出を積み重ねていってしまいますよね。

これでは、収入が増えても
その収入は支出になかなか追いつかないのです。

なぜなら、支出は子供の成長と共に
どんどん増えていく傾向があるからです。

家計を管理するのであれば
その逆から考えていく必要があります。

収入の範囲内で、賄うことのできる支出に抑えること

これは、予算を立てることにより、よく見えてきます。
収入をその範囲内で重要度の高いものから配分していくのです。

賄いきれない場合は、コストカットしていくことになるでしょう。
収入に比して、そもそもの生活水準が高くなっているケースもあります。

前者の方法ではいたちごっこですから
早いうちに、後者の方法で家計管理をシフトしていきましょう。