お客様のお金の問題のほとんどは、家計簿の中にあります。

生命保険を見直したい
住宅ローンを借りかえたい
節約したい

そんなご相談の表面だけを見ていては、お客様の真の問題は解決されません。

そもそも
お客様はなぜ、そう思われたのでしょうか?

表面化した問題の本来の出発点はどこだったのでしょうか。

生命保険を見直したい。
そんなご要望を解決することは難しくはないでしょう。

しかし、なぜ、生命保険料を見直したいと思ったのか?
家計が苦しいからではないのか?

お客様が認識されていない問題を掘り出し、解決へと導くご提案をしていくこと。
お客様が期待する以上の相談価値、プラスαのご提供無くして、満足度は高められません。

家計簿はとても身近なアイテムです。
しかし、FPさえも学んでいないゾーンです。

家計簿が続かないお悩みは多いのですが、
ほとんどの場合、学んでいないがゆえの結果に感じます。

老後貧乏
中年破産など
ショッキングな用語が飛び交っていますが
その改善には、家計を見つめることが重要なのです。

お金の専門ではない人でも家計簿講座を開催しています。
しかし、本来奥の深い家計簿はFPの独占業務と言っても過言ではないでしょう。
あらゆるマネー要素が絡んでくるからです。

実は、
簡単に気楽に扱えるアイテムではないのです。

だからこそ、現在の業務に取り入れてFPとしてのサービスを増やしていきませんか?

お客様の家計の中身を全て見せてもらえるのが、家計相談です、

生命保険
火災保険
住宅ローン
確定拠出年金
資産運用

そういったアイテムを使って、家計全体をご提案していくことができます。

FPならではの満足度を高めていくことで
紹介をなかなかもらえないというお悩みも解消されていくことでしょう。

表面のお悩みを解消しただけでは、満足度はあまりなく、ゆえに紹介は起きにくいのです。

お客様の今と将来を
マネー面から守っていく
セーフティーパーソンとして
FPが活躍そして、地位が認められるようになリ、当然のことながら
喰えないFPというイメージを腐食できればと願っています。