家計管理にはライフプランが大事

pic_g064ライフプランという言葉を聞いたことがありますか?
日本語にすれば人生の計画です。

いつ
なにが
予定されているのか

ある程度決まっているものもあります。
それは、
学校

小学校入学
中学校入学
高校入学
大学入学  などは、生まれたときにその時期が確定します。

その前の幼稚園や保育園などはご家庭によって選択の幅がありますが、
学校はありません。

入学時に
なにに
いくら必要か
を、予想するのは難しくありませんね。

こういう将来の支出を
年表に書きこんでいきましょう。

すると、
いつまでに
いくら用意しておけばいいのかが
分かりやすくなります。

やみくもな貯金は疲れるだけですし、
反対に
必要な時にお金が足りなくても
困ってしまいます。

そういったことのないように
年表に
思いつく限り書きこんでみましょう。

イベント例としては以下のようなものがあげられます。
金額も予想して書きこみます。

・自動車の買い替え  200万
・七五三  15万
・家電の買い替え 10万
・旅行 20万
・幼稚園入園 10万
・住宅購入の自己資金 800万

このように人生の計画を立てていくと
今の家計を客観視することができます。

と、いうのは
もし、現在カツカツで貯金ができていない家計であれば
将来のそういったイベントをクリアしていくことが
難しいわけです。

資金を準備することができないからです。
今の家計を改善していくのか
将来のイベントをあきらめるもしくは変更していくのか

家計管理は
今だけを見て行うものではありません。

今も楽しく
将来も楽しい
そんな生活設計をしていくために行います。

一度、ライフプランを書き出してみませんか