新年の家計簿スタートは適当に

pic_g064新年から新しい家計簿生活をスタートしようと思っている人がほとんどでしょう。
1月1日から始める!
そんな誓いはやめたほうが無難です。

家計簿初心者さんにとって
家計簿は結構高いハードルです。

だとしたら、本来は、低いハードルでのスタートがいいのです。
新年って、実は高いハードルなのです。

かんたんに理由をあげるとこういうコト。

 ・使途不明金が発生する
 ・忙しい
 ・気持ちが暗くなる

初詣にお出かけするとしましょう。
電車やバス代などの交通費、お賽銭、屋台での飲み食いなどレシートのでない支出が発生します。これを新年早々覚えておくとか、メモしておくことって面倒くさいですよね。

人が来たり、伺ったり。
バタバタしているお正月。特に女性はお正月こそゆっくりできません。
そんな忙しいお正月。
慣れない家計簿書きますか?

さらに、おめでたいムードの新年です。
これからの一年が良い年になればと、期待も膨らむのがお正月。
新年のTVの特別番組も、おめでたいムードで華やかです。

そんな中、家計簿に支出を書いて、
もうこんなに使ってる・・・・
あれ?何に使ったか思い出せない・・・・

なんて、暗い気持ちになりたくないですよね。

これでは、家計簿を挫折してしまうのもわからなくありません。
ハードルが高すぎるのです。

新年から始めよう!と、決意している人は
使途不明金は多少覚悟して
お正月が落ち着いてから始めてみてはいかがでしょうか。

はじめから
高いハードルに立ち向かう必要はありませんよ。