自分にあった家計簿を選ぶ

家計簿選びは重要

家計簿選びは重要

数ページ?数か月?
で、挫折した家計簿。
手許にありますか?
もし、あれば、捨てないでください。

書きかけの家計簿を再度見るのは嫌なものです。
しかし、

その挫折した家計簿は、じつはとても役に立つアイテムなのです。
たくさんのフィードバックをくれる優れものです。

どういうことかというと、
家計簿は自分に合ったものが長続きをさせるコツです。

長続きしなかった。
辞めてしまった。

そんな家計簿は、どこかが自分にとってやりづらいものだったはず。
何冊もあるようなら、共通する部分を探してみましょう。

・費目わけが難しかった
・合計金額を毎日書くのが面倒くさかった
・購入した品物を書くのが手間だった

そんな、挫折した原因。
そこに、次の家計簿を選ぶポイントが隠されています。

家計簿に自分を合わせていては、ムリが生じてしまいます。
そうなれば、家計簿を辞めてしまうことに。

購入した家計簿に自分を合わせるのではなく
自分に合った家計簿を購入するのです。

多くの人は、これをやっていません。
家計簿を選ぶ重要性を認識していないのです。

仮にあなたはピンク色の服が好きな女の子だったとしましょう。
知人からもらった黄緑のセーターは、着ることにも抵抗があるでしょうし、
着ていても落ち着かなくストレスを感じてしまいます。
しかも、自分で見ても似合わない。

せっかくもらったから。
と、思っても、心は落ち着かない。そんな経験はありませんか?

自分に合わないものは、ストレスなのです。
無理が生じるのです。

だからこそ、自分に合った家計簿を選ぶことが大切になってきます。
新しい家計簿を購入するときは、
以前に挫折した家計簿とは違うタイプを選んでみましょう。

家計簿が苦手な原因がはっきりとわかるようであれば
それを除いたタイプを探してみてください。

ストレスが少ないほうが、長続きしますよ。