家計管理の上手な人の家計簿の特徴

pic_c061家計管理の達人。
遠い存在ではありませんし、特別な人でもありません。
身近に存在しています。
ちなみに、家計管理の達人は、算数の得意な人でもありません。

何をもって家計管理の達人というのかは、様々な基準意見が出ることでしょうから、
ここでは、将来をも見据えたお金のコントロールができる人。と、しておきましょう。

現在の家計もしっかりとコントロールしていて、
将来のイベントへの貯金もしっかり。
こんなイメージ。

こういった、達人たちの家計管理の方法は、あまり相違ないようにも見受けられます。
特に、家計簿には共通点があります。

どのような共通点かというと、
達人たちの家計簿は、自作が多いのです。

大学ノートに線を引き、自分で家計簿を作っているケースや
エクセル等でわが家流の家計フォーマットを作っていたり
市販の家計簿を卒業している人が多いようです。

これには、理由があります。
自分に合った家計簿を選ぶのが家計簿を続ける最重要ポイントです。

しかし、家計管理や家計簿に慣れてくると、
市販の家計簿では使いづらくなってくるのです。

本当の意味での
自分に合った家計簿が見えてくるからです。

そうなれば、
自分で使いやすいように作ってしまうのが一番。

そのため、達人たちの家計簿は自作家計簿が多いのです。
達人たちが長い時間をかけて見つけた自分流ですから、初心者さんがいきなりマネして自作の家計簿に挑戦することはお勧めしません。

わが家の家計を知る
 わが家の生活スタイルを把握する
 自分の性格や癖などを知る

そんな試行錯誤からたどり着くのが自作家計簿。
市販の家計簿では物足りなくなったら、
あなたも達人の域に入っているかもしれません。