少量の買い物が多い人は・・・・

家計簿選びは重要

家計簿選びは重要

買い物と一口に言っても、そのスタイルは様々ですね。
大きなショッピングセンターがあれば、そこで、食料品も日用品も購入するでしょうし、小さなスーパーがひしめきあっている地域では、その購入したい商品によって店舗を変えることでしょう。
商店街が活性化している地域では、商品ごとに購入店もかわってきます。

そんな購入のスタイルも、家計簿選びの条件となってきます。

一箇所で購入するのではなく、何店舗かを利用している場合は、レシートの枚数がかさんできますから、レシートを貼るタイプの家計簿は避けたほうがいいでしょう。
貼り付けたレシートで、家計簿がパンパンに膨れ上がってしまいます。

例えばですが、ある日の買い物が
醤油はA店で購入し、その他の食料品はB店で購入。さらに、食用油をC店で購入。
このように、商品によって、もしくは特売などの利用で様々な店舗を利用している場合です。

1日に3枚のレシートでも、一ヶ月では93枚もになってしまいます。

さらに、先に挙げたような、
商店街が活性化している地域も、レシートを貼るタイプの家計簿はオススメしません。

と、いうのは、レシートを発行しないお店も多いからです。
レシートのある分はレシートを貼る。
レシートのない分をどこかに記入する。
などして、工夫しなければなりません。

ちょこまか買いのスタイルの人は、
たまってしまうレシートを捨てられるもの。

記入する形式のスタンダードタイプな家計簿を選ぶといいでしょう。